御中の正しい意味と使い方!行・宛の書き換え方は?知っておきたいビジネスマナー

手紙やメールの宛名で「御中」と書くことがありますが、
「御中」とはどういうときに使うのでしょうか?

会社宛の手紙やメールによく使われている印象がありますが、
ビジネスマナーとしての
「御中」の正しい意味と使い方を確認しておきましょう。

ここでは、

・御中の正しい意味と使い方は?

・宛名の「御中」と「様」の使い方は?

・「行」と「宛」の書き換え方は?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

御中の正しい意味と使い方とは?

御中の使い方として、
「行」と元々記されている封筒は、
さしあたって「御中」と書き直す、
というようなレベルの認識の方も少なくないと思います。

元来、御中とはどのようなことを意味するのか、
更に、正式な使い方を覚えておきましょう。

御中は、
宛名が個人名でないときに添える言葉になります。

御中は、送り先が個人でなく、
組織や会社の部署など宛名が、
個人の名前でない場合に使用する言葉です。

どなた宛に送ったら良いものか迷った場合や、
送る個人名がわからない場合、
その組織や会社などの団体の人であれば、
どなたが開封しても差し障りのないもの送る際に、
封筒に書き入れます。

御中は官庁や会社、
団体組織に返信用封筒などを送る際に、
どなたが開封してもいいと示す言葉なのです。

御中は、
封筒マナーの中でも一般的なものなので、
しっかりと覚えてください。

個人宛の場合は御中に修正するのではなく、
封筒の「宛」を「様」に書き換えするようにしましょう。

「行」のまま封筒やハガキを返信するのは、
ビジネスマナーを知らない人と思われてしまいます。

間違えないように使いましょう。

宛名の「御中」と「様」の使い方は?

御中は、個人名ではなく、
官庁や会社、団体組織の宛名の後に付けて使用します

□□株式会社 御中

□□株式会社 △△部 御中

このように使います。

御中は、
官庁や会社、団体組織の特定の方宛てではない場合に使われます。

「ご担当者様」の代わりのようなものです。

官庁や会社、団体組織の後に個人名がある場合には
「御中」は使用しません。

その場合、個人名の後に「様」を付けて使用します。

□□株式会社 ○○○○ 様

□□株式会社 △△部 ○○○○ 様

このように使います。

◎「御中」と「様」を重ねて使用すると、
「ご担当者様」「○○○○様」という形となるため、
一緒に用いることはありません。

◎送られてきた返信用封筒等で送り先が

□□株式会社 行

□□株式会社 △△部 ○○○○ 行

となっている場合は、
「行」の部分に訂正線を入れて消して

□□株式会社 御中

□□株式会社 △△部 ○○○○ 様

と、書き直します。

正しい記入例
□□株式会社 御中

□□株式会社 △△部 御中

□□株式会社 △△部 ご担当者様

間違った記入例
□□株式会社 様

□□株式会社 △△部様

□□株式会社 △△部 ご担当者様 御中

□□株式会社 △△部 御中 ご担当者様

御中や様の使い分けは、
ビジネスマナーとして大事なところですから、
正しい使い方をマスターしておきましょう。

行の消し方

「行」の消し方【縦書き封筒】

仕事では、取引先などから往復ハガキや返信用封筒で会議の案内が届く場合があります。

往復ハガキや返信用封筒を返信する際には、
宛名につけられている「行」の消し方に注意して下さい。

◎縦書き封筒は縦線もしくは斜め線の二重線を引く

縦書き封筒の行の消し方は2通りあります。

封筒やハガキの宛名の「行」は、二重の斜め線で消します。

縦書きなら縦線2本引く消し方と、
右上から左下に斜め線を2本引く消し方です。

個人宛ての際の「様」も同様です。
これが縦書き封筒やハガキの行の一般的な消し方です。

修正テープや修正液などを用いた消し方はしてはいけません。

「行」を塗りつぶす消し方はいけません。

二重線は、定規を使う必要はありませんが、波打ってしまわないように注意しましょう。

「行」の消し方【横書き封筒】

仕事でもよく使われている、
横書き封筒の返信する際の行の消し方を確認しましょう。

◎横書き封筒は横線の二重線を引く

横書き封筒の行の消し方は、
横線の二重線を引く消し方が一般的です。

個人宛ての際の「様」も横書きでも同様です。

ただ、「行」という漢字の構造上、
横に二重線を引いても消し方として分かりづらいところもあります。

その場合は、
横書きの封筒でも斜めに線を引いて、
しっかり消すようにしましょう。

消していることがハッキリわかる消し方が、
最適な消し方です。

スポンサードリンク

「行」と「宛」の書き換え方は?

「行」の消し方がわかったら、
「御中」と書き足します。

その時に、
どの位置に「御中」と書き足したらいいのか迷うことがあります。

同じく、
「宛」は「様」に変更する必要がありますから、
書き加える位置を覚えておきましょう。

◎縦書き封筒の場合

「行」の真下か左側に御中を書き換えます

縦書き封筒で行を訂正し、
「御中」「様」と書き換えするときは、
「行」の真下、
もしくは左側に書き換えます。

行の隣りに書き足すようにしましょう。

◎横書き封筒の場合

「行」の右側に御中を書き換えます

横書き封筒で行を訂正し、
「御中」「様」と書き換えするときは、
「行」の右側に書き換えます。

御中2

しかし、縦書き、横書き封筒の両方にいえることですが、
宛名の長さや封筒全体の文字のバランスを見て、
違和感があれば、
「御中」「様」の位置は多少変わっても大丈夫です。

つまり、

封筒を受け取る相手から見てわかりやすいというの点を意識しながら、
封筒マナーを守った行の消し方、
「御中」「様」の書き換えをすればいいのです。

まとめ

返信用封筒や往復用ハガキで相手に返信する場合、

「行」の消し方は、基本的に行の字を2本線で消す、
消した後は、個人宛の場合は「様」、
会社宛の場合は「御中」で書き直すというのがビジネスマナーです。

正しい行の消し方と御中の訂正方法を覚えておけば、
就職活動を始め、
ビジネスシーンで恥ずかしい思いをしないでしょう。

スポンサードリンク