火事見舞いの相場!渡す時期は?のしは?お返しは?添える手紙の文例

火災はいつ誰に起こるかわからないものです。

一切、起こってほしくはないことですが、
親族などの親しい方や、
友だち、身近な人おつきあいのある方が、
もし火事に遭ってしまわれたとき、
火事見舞いはどうしたらいいのでしょうか?

実際、友人宅が火事に遭ってしまうことがあり、
お見舞いやできる限りの事をしてあげたいと思いました。

ここでは、

・火事見舞いの相場の金額はいくら?会社・取引先・友人・親戚の場合は?

・火事見舞いの渡す時期は?のしの表書きや裏書はどうする?品物なら何がいい?

・火事見舞いをする時に添えるお見舞いの手紙の文面はどう書けばいい?

・火事見舞いをもらった時のお返しはどうすればいい?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

火事見舞いの相場の金額はいくら?会社・取引先・友人・親戚の場合は?

火事見舞いの金額に悩まれる人も多いと思われますが、
一般的な額は例として参考にし、
その時に応じて額は考えることが必要です。

火事見舞いの一般的な相場

祖父母が贈る場合  30,000円~100,000円  

両親が贈る場合  30,000円~100,000円  

兄弟姉妹が贈る場合  30,000円~100,000円  

親戚が贈る場合  10,000円~30,000円  

友人・知人が贈る場合  5,000円~20,000円  

会社・取引先関係が贈る場合  5,000円~20,000円  

一般的  5,000円~10,000円 

一般的な相場はありますが、
最低でも5,000円、
一般的には1万円と言われているものの、
年齢や日頃の付き合いの程度に寄っても多少の金額の違いはあるので、
気持ちがこもっていれば大丈夫です。

会社の同僚や友人など、
仲間を募って、
できる限り、
お見舞い金を高額にして渡してあげるのも良い方法だと思います。

・基本的に無理がないよう。
・相手方にも気を使わせない程度。

と、考えればいいでしょう。

本来、会社の上司など目上の人に現金でするのは失礼となりますが、
火災など災害見舞いの場合は現金でしても差し支えありません。

新札であることはないのですが、
あまり汚れていてシワのあるお札は控えるべきです。

スポンサードリンク

火事見舞いの渡す時期は?のしの表書きや裏書はどうする?品物なら何がいい?

火事見舞いの渡す時期は?

火災お見舞い金を渡すのは、
火災後の落ち着きを取り戻した頃にしたいところです。

火災直後というのは、
本人としては、
精神的にもダメージを受けているのです。

片付けの手助けや、
ないと困る品以外なら、
いくらか間を開けてからにするのが気遣いというものです。

火災後すぐになら、
本当に必要な物、
ないと困るものを先方に伺ってからにしましょう。

あまり多くあっても、
かえって差し障りになるものもありますから注意したいものです。

妥当な品物が見当がつかないときには、
現金でするのが良いかもしれません。

袋とのしはどうする?

お見舞い金を入れる袋は 白封筒 にします

水引とのしは不要です。

「赤」は火を連想するという理由から、

封筒の左側に赤線の入ったものや、
紅白の結び切りは火災見舞いには控えるべきです。

表書きの書き方

「お見舞い」としても構いません。
お見舞い封筒

白い無地の封筒(またはのし)を準備して、

上半分に薄墨で

「火事御見舞」

「出火御見舞」と書きます。

類焼の場合 「類焼御見舞」

近隣で起こった火事の場合 「近火御見舞」

と書きます。

そして下半分に自分の名前を書きます。

品物につけるのしも無地にします。

火事見舞いをする時に添えるお見舞いの手紙の文面は?

火事見舞いをする時に、
一緒に添える手紙に、
どのような言葉を添えたらいいのか?

と、迷ってしまいます。

火事に遭ったことを慰め励ます内容で、
一日も早く立ち直って、
復興することを願う気持ちを言葉にして添えてあげるのがいいでしょう。

そして、微力ながら、
力になりたいことを伝えてあげるのが良いでしょう。

相手の気持ちを慰め、元気づける言葉、
体調を気遣う言葉がけをしてあげましょう。

注意したいのが、
不始末が原因の火災の場合は、
その点には絶対に触れないようにすることです。

また、隣近所の不始末による類焼の場合も、
出火元の家に対する非難などはしないようにしたいものです。

例文
このたびの出来事を聞いて取り急ぎお見舞い申し上げます。

突然の災害で驚かれたことと思います。

ご家族の皆様、ご無事と聞き安堵しておりました。

今は何かと大変でしょうが、乗り切りましょう。

私にできることがあれば、何でも遠慮なくおっしゃってください。

できる限りのことはさせていただきます。

気持ちばかりのお見舞いのしるしを同封しました。

まだ必要な物があれば、遠慮なくお知らせください。

落胆されていることと思いますが、
気持ちを強く持ち一日も早く復興されることをお祈りします。

お身体にはくれぐれも気をつけて。

取り急ぎ、お見舞いまで。 

火事見舞いをもらった時のお返しはどうすればいい?

たくさんの方からお見舞いをいただいた場合のお返しは、
早く元気になること、
復興することが一番のお返しとなります。

病気見舞いなどとは違って、
内祝いなどのお返しはしなくてもよいとされています。

しかしながら、
お見舞いをいただいた方々に、
感謝の気持ちを伝えるために、
お礼状を書いたり、
お礼の挨拶に訪問できるならした方がいいでしょう。

元気な姿や復興の様子を手紙で伝えることが、
お見舞いをいただいた相手に対してのお礼となります。

近所で起こった火事の場合の「近火見舞い」をもらった場合は、
「近火見舞御礼」として、
軽い品を贈るのが良いでしょう。

火事の騒動が一段落したら、
なるべく早めに贈りましょう。

その時には五本結びきりののし紙を使用し、
「薄謝」や「寸志」と表書きをします。

まとめ

火事見舞いについてまとめると、

・贈る時期

火災後の落ち着きを取り戻した頃

・金額の目安

一般的な相場はあるが、
金額にはあまりこだわらず、
気持ちがいちばん。

・表書き

「お見舞」あるいは「火災御見舞」と表書きします。

・水引き

のし、水引きは不要。

一番重要なのは、
「相手のことを思いやる」ということを忘れないことです。

いざという時に慌てなくてもいいように
日頃からお見舞い金はどれぐらいしたらいいのか、
見舞金を入れる袋とかのしについて知っておくことが
望ましいですね。

スポンサードリンク