大曲花火大会の日程と見どころ!有料席など詳細は?

毎年、8月の第4土曜日に開催される「全国花火競技大会」は

全国的に「大曲の花火」の花火として知られています。

規模の大きさ、観客数、花火競技のレベルの高さから
「日本一の花火大会」と称えられています。

技術や実績を認められた全国の一流の花火師たちが、
腕を競う全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)の開催は、
2016年は8月27日です。

全国から選抜された一流の花火師たちが、
内閣総理大臣賞など日本一の座をかける最も権威のある競技大会は感動するほど美しいです。

ここでは、
大曲の花火大会の日程、
見どころや有料席などの詳細、
アクセスなどについてまとめてみました。

スポンサードリンク

大曲花火大会の日程

開催日   2016/8/27[土]

開催時間  昼花火   午後5時30分 開始

      夜花火   午後6時50分 開始
      (河川の増水や悪天候などの場合、順延、延期となります )

会場    秋田県大仙市大曲花火大橋下流雄物川河畔

打ち上げ数  18000発

観客数   約70万人

アクセス方法  【電車】電車で行く場合、JR大曲駅から徒歩約30分(約2km)

        【車】秋田道大曲ICから車で10分

大曲花火大会は歩行者の安全最優先のため、
シャトルバスの運行はされていません。

打ち上げ会場周辺は前日から駐車禁止になります。

キャンピングカーなどでお越しの方は周辺情報に注意してください。

当日は、通行止めや指定方向外禁止など、
交通規制が行われますので、注意が必要です。

大曲花火大会見どころ

大曲花火大会は、花火師の腕を競い合わせる「花火競技大会」です。

そのため、全国各地からトップクラスの花火師の優秀作品を観るために、
毎年、70万人の人が大曲にやってきます。

大曲花火大会は、
打上数が18000発と国内最大規模で、
それぞれが高い芸術性を持った素晴らしい花火です。

大曲花火大会は、
1910年に第1回大会が開催され、
100年以上も続く由緒ある競技大会となっています。

大曲の花火競技大会の大きな特徴は、
花火をつくった本人が、
自らの手で打ち上げる真の競技大会であることです。

そして、競技大会では、
内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・中小企業庁官賞・文部科学大臣奨励賞・が、
それぞれの優秀な花火に授与されます。

競技玉として創造花火が採用されています。

大曲花火大会は、テーマをもうけて、
創造性の高い花火を自由に組み合わせることにより、
ストーリー性があり音楽イメージと合った作品を競い合うもので、
毎年斬新なテーマ性に優れた花火が、
夜空いっぱいに描かれます。

大曲花火大会は2部に分かれ、
昼の花火と夜の花火を楽しめることも特徴です。

昼の部は5号玉早打ち5連発、
割物または煙竜というもの。

そして夜の部はさらに2部に分かれ、
課題の部と創造花火の部で花火師たちが競いあいます。

大曲花火大会の有料席

チケットの入手方法は3通りです。

① 往復はがきでの抽選販売確定

販売方法  代引き

販売桟敷  A席・C席・P席のいずれか2マスまで

※ハガキは1家族1枚のみ

② 市民会館での抽選販売

販売場  大曲市民会館 ※抽選後、当選者のみ会館で購入

販売桟敷  A席・C席・P席のいずれか1人3マスまで

③ インターネットでの抽選

販売方法  代引き

販売桟敷  A席・C席・P席のいずれか2マスまで

※1家族1回のみ
 

スポンサードリンク

大曲花火大会の穴場スポット

大曲の花火は、
1日で70万人が来場する花火大会です。

そうそう有料の席が確保できるわけではありません。

大曲の広大な土地ですから、
花火をきれいにみられる穴場スポットもありますよ。

①河川敷のキャンプエリア

打ち上げ場所より上流、
「大曲花火大橋」を超えたところにある
キャンプエリアは、
かなり近くで花火を楽しむことができます。

毎年、何日も前から、
キャンピングカーで乗り入れてゆったりと花火を楽しんでいる方も多いです。

予約エリアと先着エリアがあるので、
ぜひ予約エリアをゲットしておきたいですね。

②大曲ファミリーキャンプ場

こちらもキャンプ場ですが、
会場からは離れた場所にあります。

音楽やアナウンスは聞き取りづらいですが、
花火はバッチリ見えます。

少し高台にあります。

③花火打ち上げ会場後方(興栄建設周辺)田んぼの農道

地元の人は、夕涼みがてら農道やあぜ道で花火を楽しみます。

地元の人が見る穴場スポットです。

角度によっては、
花火が正面から見れないのですが、
花火の形にこだわらなければ、
迫力はばっちりです。

ここで花火を鑑賞する方は、
虫よけ対策をしっかりしましょう。

④打ち明け会場対岸の河川敷

こちらは、公式に準備されている無料の観覧席です。

無料ということで、良い場所を確保するのは大変です。

しかし、公式の場所ということで、
11万人の観覧スペースがあります。

入場は、当日の午前9時30分からですので、
早目にお並びくださいね。

地元の人は午前中のうちに会場入りし、
良い席を確保しています。

そのため午前中に行けば、
平らな場所を確保できることが多いです。

ちなみに、例年、前日入りの方も多いスポットです。

大混雑する花火大会ですので、
とにかく早めの場所取りが肝心です。

ツアー客などが到着する午後3時以降は、
会場までの道路も非常に混雑します。

夜花火の見物をメインにしている人が多いので、
無料席が人でごった返すのは午後4時以降です。

花火鑑賞の注意点

大曲の花火は、
とにかく混み合います。

車で来られる方は、
駐車場までもかなり歩くようになります。

駐車場から出るまでも、
かなりの時間がかかります。

どこに移動するにも時間がかかることをわかったうえで、
時間に余裕をもって行動しましょう。

お子さんや年配の方は、
トイレも長蛇の列になることを覚悟して、
早目に済ませましょう。

花火の鑑賞スポットを、
コンビニの駐車場や、
コンビニ近くにすれば、
トイレ問題は回避できるかもしれないですね。

有料の桟敷席の方も、
トイレや食べ物、
飲物の調達は余裕をもってください。

大曲の花火の時期は、
秋田では夜、肌寒い日があります。

羽織るものやブランケットを持参しましょう。

折りたたみの椅子もあると、
ちょっとした隙間で観ることができるので便利です。

まとめ

大曲の花火大会のは、
競技花火としては、
最も有名な花火大会です。

是非、花火師たちの技をご覧になってみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする