浴衣の着崩れの直し方!着崩れする原因と4点修正でキレイをキープ

夏のイベントへ浴衣でのお出掛けは楽しみの一つです。

浴衣でのお出掛けは楽しいのですが、
気になるのが浴衣の着崩れです。

シーズンに数回しか着ない浴衣ですから、
着慣れた人のように、
涼しげに着こなし続けるのは一苦労です。

今回は、
浴衣の着崩れの直し方と原因、
浴衣が着崩れない3点保持のポイントについてまとめてみました。

浴衣の着崩れの原因

着崩れの原因で一番に考えられるのは、
自分のサイズに合っているかどうかです。

仕立て上がりの浴衣は、
サイズの表示があります。

ご自分の身長や体格に応じたサイズを選ぶことをお勧めします。

背縫いを中心に浴衣を体に合わせた時、
上前の端の縫い目が、
右足の親指と人差し指の間まであるものがジャストサイズです。

洋服と違って和装は、
寸胴な方がきれいに見えます。

胸とウエストの差が大きいとそれが着崩れの原因になります。

胸とウエスト部分が同じサイズになるよう、
くびれをなくすようにタオルなどを巻いて体型の補正をします。

バストのサイズが大きい方も、
胸元が開いたり着くずれしやすいので、
潰した着方ができる和装ブラジャーか、
スポーツ用のブラジャーがおすすめです。

着崩れを気にしてきつく縛って着る人がいますが、
これはかえって逆効果です。

着崩れの原因になりますし、
なにより、着ていて苦しい状態が続きます。

浴衣は、ゆったり着こなす方がきれいに見えます。

ですから、
ご自分のサイズに合った浴衣を選んででください。

自分のサイズに合った浴衣を選ぶ、
ウエストのくびれをタオルなどを使って寸胴体型に補正する。

そうすることで浴衣の基本的な着崩れを防ぐことができます。

浴衣の着崩れの直し方4点修正

浴衣の着崩れの直し方を動画でご覧ください。

浴衣は、襟元が開いたり、
見ごろのラインが斜めになってしまったら着崩れになります。

そうなると、
裾も見た目にもだらしなくなっているので、
着崩れを直します。

◎ 襟元

胸元が開いて肌が見えてきたら着崩れの状態です。

襟が少しくらい開いていた方が色っぽいと感じるかもしれませんが、
だらしなく見えるので注意しましょう。

浴衣の身頃は前で重ね合わせますが、
その際下になる面を下前、
上になる面を上前と言います。

襟元が崩れてくると、
胸元も開いて上前と下前の重ねがずれてきてしまったりしますが、
その場合は帯の上、
脇に空いている隙間(身八つ口)から手を差し込み、
上前と下前をしっかり持ってそれぞれ外側に引くと、
ずれが解消されて胸元の崩れが収まります。

襟元が整ったら、
おはしょりを下に引っ張って、
帯上のたわみをなくします。

◎ 背中

浴衣の襟元は、
前はきっちり喉の下あたりで合わせ、
後ろは首元がほどよく空いているのが美しいです。

前の合わせが時間がたつと、
背中の帯上の生地もたわんできます。

その場合、首の後ろから、背中心をまっすぐ引っ張ります。

背中の真ん中のライン(背中心)の縫い目に沿って上下にぴしっと引っ張ると、
前の合わせ位置が上がって襟元の崩れが収まります。

特に、帯下の中心をぐっと下に引くのがポイントです。

ちなみに、後ろ襟の抜け感の調節もココでできます。こぶし1つ分が目安!

◎ おしり

浴衣の生地が、立った時にたるんでしまうことがあります。

この時は、
おはしょりをめくると腰紐があるので、
その上に生地を引っ張ってたるみをなくします。

たるみを直した後は、
おはしょりと帯を整えます。

◎ 裾

浴衣を着て歩くと、
普段、和装で歩くことがないので、
決まって裾が乱れてきます。

浴衣の裾は、
くるぶしにかかるくらいの少し短めの丈でまっすぐ整え、
上前のやや斜めに上がって重なっているのが美しいです。

裾が開いてくるのは、
着付けの段階で腰紐のしばり方が緩かったことが原因です。

そんな時は、
前身頃のおはしょりをめくって、
腰紐の上に生地を引っ張り上げます。

こうすると、ひとまず見た目は整います。

まとめ

普段、着慣れない浴衣を最後までキレイに着こなすには、
ちょっとした着こなしポイントもあります。

浴衣を着たら、
背筋を伸ばして歩き、
歩幅は小さめに歩くだけでも着崩れは少なくなります。

やっぱり着崩れてしまったら、
直し方の基本は、

・引っ張る
・差し込む

なので、だいたいの着崩れは改善されます。

是非、着崩れの直し方を覚えて、
キレイな浴衣の着こなしをしてくださいね。

関連記事

2016年浴衣トレンドは?浴衣の柄の素敵な意味とは?

下駄の鼻緒で指が痛くならない対策は?便利グッズで完全予防!

浴衣の襟合わせはどちらが前?男女の違いは?間違わない覚え方は?

浴衣の着付け方法!必要なものから帯の結び方まで解説!

浴衣の洗い方!自宅でも洗えるの?シワの取り方たたみ方