下駄の鼻緒で指が痛くならない対策は?便利グッズで完全予防!

夏祭りに、花火に夏のイベントに浴衣はとても似合います。

浴衣を着たら、
足元はやっぱり下駄になります。

しかし、履き慣れない下駄は鼻緒ずれや、
足が痛くなる原因になってしまう方も多いものです。

せっかくの夏のイベントや、
気合を入れて着こなした浴衣でのデートの思い出が、
痛いだけの散々な思いでにならように、
下駄を履く際には、
しっかりと対策をしたいものです。

ここでは、
下駄の鼻緒で指が痛くならない対策と、
便利グッズで鼻緒ずれを予防する方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

下駄の鼻緒で指が痛くならない対策

下駄の鼻緒で足の指が痛くなることを鼻緒ずれといいます。

鼻緒擦れとは?

鼻緒と足の皮膚が擦れることで、
その際の摩擦で、皮膚の温度が上昇し、
結果、皮膚の皮がめくれたり、
水ぶくれができてしまう症状のことを言います。

症状がひどい場合は、
病院へ行かなければいけなくなるので
簡単に考えてはいけません。

過去に鼻緒ずれを経験したことのある方で、
今シーズン、新しい下駄を履く方は対策をしてください。

鼻緒ずれの原因

鼻緒ずれはどうしてできるのでしょう?

その原因は、

・鼻緒の芯の堅さ
・鼻緒の材料が固すぎる
・前緒がきつい
・足指が慣れていない
・歩き方

などが考えられます。

詳しく説明すると、

鼻緒の芯の素材が堅いと、
足の動きに添わないので擦れて痛くなりやすくなります。

鼻緒の材料が固い場合、
鼻緒を形作っている材料が固いものは擦れをおこしやすくなります。

前緒(前つぼ)がきついと、指を圧迫し、
歩くたびに圧迫が加わるので痛みをおこしやすくなります。

下駄に足指が慣れていないと、
鼻緒や台に擦れたり当たるところが出てきますので痛みを起こしやすくなります。

歩き方によっては、鼻緒ずれを起こしやすくなります。

下駄の鼻緒ずれの症状は、
ほとんどが足の親指と人差し指の間に起こります。

しかし、指の間以外にも、
前つぼから数センチのところ、
そして後ろつぼの少し前のところが擦れやすいので注意しましょう。

鼻緒ずれの予防法

鼻緒ずれを予防するにはどうしたらいいのでしょう?

一番いい方法は、
自分の足に合った下駄を選ぶ方法です。

材質や鼻緒を選び 、
足の大きさに合わせてすげてもらうのです。

とはいうものの、
出来上がった下駄を購入している方がほとんどでしょうから、
現実的な話ではありませんね。

下駄は、靴のように細かいサイズはありませんが、
全くサイズ違いの下駄を履くのも、
鼻緒ずれの原因になりかねないのでサイズ選びには気をつけます。

下駄はかかとが1~2センチはみ出して履くもので、
それを見込んで靴の適応サイズという表示がされているはずです。

女性の場合は、
MorL、フリーサイズといったところです。

注意したいのが、浴衣と下駄がセットになっている場合です。

対応サイズだけで判断してしまうと、
鼻緒ずれを起こしてしまう可能性もあります。

親指と人差し指で前つぼをしっかりつかむようにして、
歩くようにしてください。

購入後にしておくこと

初めておろす下駄をはく予定があるなら、
鼻緒ずれを起こさないように
出かける前にしておくことがあります。

・家の中で履いてみる
・鼻緒を横によく広げておく
・鼻緒の前坪を引っ張る
・家の外で数十分歩いてみる


こうして下駄を慣らしておきます。

ここで、不安があれば、
次のような対処をします。

・前つぼや鼻緒をもみほぐして固さをとっておく

・すべりをよくするために鼻緒の内側と鼻緒にあたる足の甲にベビーパウダーをはたいておく

・同じくすべりをよくするために、ろうそくのろうを前つぼ、鼻緒の内側にすりこんでおく

・履くとき前つぼに足指を押し込まない。足指の股に1センチほど隙間をつくって歩く

・クッション材を鼻緒に巻いておく

・鼻緒ずれを起こしそうならすぐに傷バンドを貼る

下駄の購入時には、

鼻緒が広く柔らかい材質のものを目安にすると、
鼻緒ずれを防ぐ事が出来ます。


スポンサードリンク

便利グッズで鼻緒ずれを完全予防

トングプレミアムミニ

鼻緒の前坪の部分に、
取り付けるジェルパッドで、
指の間の擦れを防ぐことができます。

マメ・靴ずれブロック

肌色半透明で、貼った部分がわからないくらい、
肌の色になじみます。

ボルダースポーツ

下駄着用時に使うときは、
片足に対して、ピンポン玉くらいのムースを出して、
サラサラな状態になるまで塗り込んでください。

まとめ

浴衣の下駄は外せないアイテムです。

せっかくの夏のイベントが、
痛い思い出にならないように、
下駄をはいてみて、
鼻緒がキツイようであれば、
鼻緒をひっぱってのばしたり、
固いときはもみほぐし、
足の甲の形に合わせておきましょう。

下駄の試し履きで慣らし、
便利グッズで念入りに対処しましょう。

浴衣での楽しい思い出になるようにしましょうね。

関連記事

浴衣の襟合わせはどちらが前?男女の違いは?間違わない覚え方は?

浴衣の着付け方法!必要なものから帯の結び方まで解説!

スポンサードリンク