赤ちゃんと乳幼児、子供のための防災グッズ!防災グッズの置き場所とは?

震災をきっかけに、
防災グッズや非常用のバッグを用意した方も多いかと思います。

大きな震災後は、
生活用品の入手が困難になった経験をお持ちの方もいらっしゃることとでしょう。

特に、赤ちゃんや乳幼児の紙おむつや
赤ちゃん用の飲料水は品薄状態になりました。

このような時のために、
赤ちゃんや乳幼児、子供のための
防災用品を用意しておくことは大切です。

ここでは、赤ちゃんや乳幼児、
子供の常備しておきたい防災グッズについてまとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃん・乳幼児用防災グッズリスト

防災グッズの中身は、
3日分程度を用意しましょう。

赤ちゃんの紙オムツ、
乳幼児の紙パンツ、
着替えも3日分を目安に用意しましょう。

□紙おむつ……3日分として、1日20枚として60枚くらい。

□おしり拭き……おむつ替え以外にもウェットティッシュとして使える

□ミルク

□哺乳瓶……使い捨てのもの

□ビニール袋……オムツを捨てるためのビニール袋

□携帯トイレ……おむつを卒業したら必須

□抱っこ紐またはスリング

□着替え……下着、防寒具、雨具なども

□毛布、バスタオル……防寒のためなど

□トイレットペーパー

□母子手帳

□子どもの名札……名前、年齢、血液型、連絡先を記入

□マスク

□紙コップ……哺乳瓶の代わり

□防災頭巾、ヘルメット、帽子

□子ども用軍手

□靴……上履きなどでもOK

□お気に入りのおもちゃや絵本

□寝袋などのアウトドア用品

紙おむつは、
サイズの変更があれば入れ替えをしておきます。

赤ちゃん・乳幼児、子供用非常用食べ物リスト

非常用お防災袋に入っている非常食は、
大人用ばかりなので、
子供や乳幼児の食べ物を考えて用意しておきます。

ミルク、離乳食、飲料水、お菓子、
レトルトご飯など、
子どもが食べられるものを用意しておきましょう。

□飲料水

□ミルク……キューブ型のものが便利

□レトルトや瓶入りの離乳食

□塩味が少ないお菓子やドライフルーツなど

□缶詰入りのパンなど

□レトルトご飯

□チョコレートやキャラメル

□カロリーメイトなど

食べ物、飲み物などは、
消費期限もたまに確認しておきましょう。

スポンサードリンク

防災グッズの置き場所とは?

非常持ち出し袋は、
置いておく場所も重要になってきます。

大震災以来、
多くの防災専門家は、
玄関などの出口に近い場所で、
目に付きやすい場所を推奨しています。

実際、外出中に大きな揺れに遭遇した場合、
家の中のクローゼットに非常持ち出し袋を入れておいたのでは、
家の中の状態がわからないままでは、
入るのも勇気がいります。

そのようなことから、
普段の生活で車を使う方は、
非常持ち出し袋を複数作って、
その中の一つを
車のトランクに入れておくことをお勧めします。

車のトランクに避難グッズを置いておく、
複数か所に置いておくという方法は、
防災ガイドや都道府県のホームページなどでも推奨されています。

車が安全な場所に停めてあれば、
一時的な居場所としても大変有効です。

赤ちゃんのおむつ替えや授乳、
暑さ寒さをしのぐ場所としても利用できます。

ただし、車内で長時間過ごしたり寝泊まりするのは、
エコノミークラス症候群の危険性がありますので避けてください。

また、車に携帯電話の充電器を備えておけば、
停電でも携帯電話の充電ができますし、
カーナビのテレビ機能で最新情報を知ることができます。

最後に

赤ちゃんや乳幼児、子供の防災グッズは、
こまごましたものが多くなり、
何かとかさばるのが難点です。

震災時は、小さい子がいると
たくさんの荷物を持って避難することが難しくなります。

リュックなどにつめて、
実際に持って逃げることができるかどうか試しながら、
最低限必要なものに絞って、
中身を準備していくとよいと思います。

関連記事

大地震に備えて覚えておきたいこと!震災時に必要な物
地震に備えて非常用袋に入れておきたい物リスト!食料・衛生用品・水・衣類・赤ちゃん
エコノミークラス症候群の症状は?なりやすい人の特徴や原因、予防方法とは?

スポンサードリンク