地震に備えて非常用袋に入れておきたい物リスト!食料・衛生用品・水・衣類・赤ちゃん

災害は、いつ、どこで自分の身に降りかかってくるかわかりません。

東日本大震災後、
防災の意識が高まった方も多かったと思います。

そんな時、備えて用意しておきたい非常持出袋です。

いざという時のために、
防災グッズをそろえておきたいと考えても
何を用意したらいいのかわからないという方も多いことでしょう。

ここでは、
最低限用意したい、
非常持出袋に入れておくものを
リストアップしましたので参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

非常用袋に入れておきたい物リスト

■飲料水 

水は3日程度の備蓄が理想といわれています。

□ 1人1日3リットルが目安 (家族3人で2リットルペットボトル12本~18本用意:飲用のみで3~4日分)

■非常食

□ 缶詰

□ レトルト食品

□ インスタント食品

保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品、
クラッカー、缶詰など
安価な日用品をストックして
古いものから消費していくようにします。

保存可能期間2年~5年のものが理想的です。

■医薬品

□ 消毒液

□ 絆創膏

□ ガーゼ

□ 包帯

□ 風邪薬

□ 整腸剤

□ 三角巾

□ ハサミ

□ 普段処方されている薬

処方されているお薬がある場合は、
お薬手帳を持つと良い。

■衣類

□ 防寒具

□ 重ね着の出来る衣類

□ 下着

□ 靴下

□ アルミシート

□ 毛布

重ね着もできるような衣類を準備する。

アルミシートは防寒に使えて便利。

寝具の毛布なども含めて、圧縮袋に入れておくとかさばらない。

■貴重品

□ 現金(硬貨)

□ 身分証明書

□ 預貯金通帳

□ 印鑑

□ 権利書

□ 各種カード

□ 保険証

■ その他の生活用品

□懐中電灯

□ろうそく

□マッチ

□携帯ラジオ(携帯ラジオは手巻きの充電式が便利。最近のものは携帯も充電できる。)

□予備の電池

□着替え

□毛布

□布団

□寝袋

□タオル

□ティッシュ

□ウエットティッシュ

□ビニール袋

□生理用品

□筆記具(油性)

□食器類

□スプーン

□笛

□コンパス

□ナイフ

□ロープ

□懐中電灯

□シャベル

□バール

□ノコギリ

□ハンマー等の工具

□ 燃料

□卓上コンロ

□ガスボンベ(予備ガスは多めに用意)

□固形燃料

□調理用具

□寝袋

□洗面用具

□トイレットペーパー

□古新聞紙

□バケツ

□ラップ

□ビニールシート

□断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ

□紙袋

□ビニール袋

□布袋(所持品整理用)

□布粘着テープ

□ラップ

□梱包用ひも

□風呂敷

□ダンボール

■赤ちゃんがいる家庭に必要な物

□ 紙おむつ

□ 粉ミルク

□ 哺乳瓶

□ ベビーフード

□ おしりふき

□ 母子手帳

□ 抱っこ紐

□ ビニール袋

□ ダンボール

□ おもちゃ

スポンサードリンク

非常持ち出し袋にいれておくもの(一次持ち出し品)

□飲料水(500mlペットボトル数本)

□非常食(菓子類・ゼリー状の食品)

□ 医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など)

□簡易食器セット(家族分)

□衣類(防寒具)

□懐中電灯

□携帯ラジオ

□ 電池

□ 現金(10円玉も)

□貴重品

□ローソク・マッチ・ライター

□ロープ・ビニールシート・雨具

□ナイフ

□ハサミ

□タオル(大小)

□洗面道具(旅行用で可)

□ウェットティッシュ

□ ビニール袋

□携帯電話用バッテリー

□コンパス

□筆記具

あると快適に過ごせるもの

□耳栓

□安眠マスク

□携帯マクラ

□菓子類

まとめ

最低限の防災グッズといっても
相当な量があるのがわかると思います。

家の中で保管する場合は、
それぞれ袋に入れておくか、

衣装ケースなどを利用して分けておくことをお勧めします。

状況によっては、持ち出しが出来ない場合も想定されますので、
家族一人一人の防災用の持ち出し袋やリュックを準備して、
それぞれに、一時持ち出し品を入れておくことをお勧めします。

震災は、いつ襲ってくるかわかりませんから、
あらゆることを想定して準備しておきましょう。

スポンサードリンク